Github

WDSでの別会社製品の無線ルータ連携:機器設定編

-前回までのあらすじ-
ASUS:RT-AC87U と PLANEX:FFP-1200DHP(FFP)を購入。
詳細は前回投稿記事を参照

※注意※
今回の設定では2つのルータを片方をルータモード、片方をAPモードで稼働。
同一ネットワークセグメント内にルータが2つ存在する構成になります。

①無線親機(ASUS:RT-AC87U)の設定
1.設定画面[192.168.1.1]へアクセス、IDとパスワードを聞かれるので入力
  ※マニュアルに書いてなかったのでググって調べたらでてきました。

2.インターネット設定
  インターネットへ接続するための各種設定を最初にやらされるので実行、基本的には
  無線設定とプロバイダからもらう資料でなんとかなると思う。
  ちなみに無線設定は後からでもふつうにいじれるのでそのあとの作業に支障ない程度に
  色々設定するといいと思う。

3.ルータ設定
  2.が完了すると↓のような画面がでる。必要であればこの段階で各種LAN設定を変更して使えるようにしておく。
  ASUS無線設定

②無線中継機(PLANEX:FFP-1200DHP)の設定
1.設定画面[192.168.111.1]へアクセス、こっちもIDとパスワードを聞かれるので入力。
  ※こっちも例のごとくマニュアルに書いてなかったのでググって調べる

2.同一の無線設定を入れる
Planex無線基本設定
↑の画面で親機で設定したWDSを設定するSSIDと同一の名前に変更する。(周波数帯に注意)
 更に、チャンネル幅、チャンネルも親機側の設定に合わせる。

3.TCP/IP設定の変更
Planex無線TCPIP設定
IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを再設定する。
なお、今回自分がやった構成(同一ネットワークセグメントに配置)を行ったため、親機側のIPアドレス(例:192.168.1.1)に
子機も合わせる形になってます(192.168.1.2のように設定した)
☆注意☆
デフォルトゲートウェイはAPモードで動く中継器側も自分自身(例でいうと192.168.1.2)を設定しないといけない。
いまいちこの辺の理屈はわかってなかったり。ちなみに親機側を最初にデフォルトゲートウェイに設定していたときには
親機側で無線に接続したMacbookProから中継器の先にあるマシンにssh接続ができなかった(pingも通るときと通らない時がある)
動作がめちゃめちゃなんでなんでこういう動作になるのかさっぱりわからんでした。知ってたら誰か教えて。
☆注意終わり☆

③WDS設定
 1.親機側で子機のmacアドレスを登録
   ↓の画面で子機のWDS設定欄にあるmacアドレスを入力、
   もしかしたら自動で入ってる場合があるかもしれないが
   その時はその設定を入れればいいんでないでしょうか。
ASUS無線WDS設定
   設定すると表(赤い四角のあるところ)に入力したmacアドレスが表示される。
※自分が最初に設定したときには5GHzのmacアドレスが表示されてませんでした、再起動したら表示されるようになったのでバグか仕様なのか・・・

 2.子機側で親機のmacアドレスを登録
   1.と同様に通信相手のmacアドレスを手動登録する。
Planex無線WDS設定
   こちらも入力後に表の中にmacアドレスが表示される。

以上で親機、および子機側で正常にネットワークが動作するようになるはず。
WDS設定は説明した通りmacアドレスを入力するだけなので、もしネットワークの動作がおかしいようだったらTCP/IP設定あたりを見直してみるといいかもしれない。
まぁ無線LANの動作がおかしいときに真っ先にやるべきはルータ再起動な気がするが・・・
ちなみに、片側再起動した後にネットワークの挙動がおかしくなる事があったので注意
親機再起動後、中継機再起動で治りました。

以上、動作報告および設定方法の公開でした。

WDSでの別会社製品の無線ルータ連携:機器選定編

すこぶる無線ルータの調子が悪くなってきた(Skullgirls対戦中にガクガク、たまに切れる)のでついに無線LANを変える決心をした。
調べてみたらこれまで使ってきたルータが実は家庭無いLAN環境のボトルネックに
なっていた事が判明(光回線なのにギガビットイーサじゃなかった^q^)

社会人になった事だし、SEだしここは本腰入れてセキュリティを考えた上でかつ安定性があり
高速な無線LAN環境を作ることを決意。

802.11ac製品もそこそこ出てきた事だし、ごつい無線ルータを探していたところ↓の製品を発見、(格好いいから)購入。

問題は中継機、現在はセットでついてきた中継器にギガビットスイッチをつけて 
WAN⇔無線ルータ⇔無線中継機⇔スイッチ⇔各種マシン
といった構成になっている。
昔はセット商品が結構あった(某B社のヒト曰く)らしいのだが、現在は分けて販売するようになったとのことなので別に探すことに、しかしいざ探してみると困った事になかなかいい製品がない。

そもそもの問題で↑のルータの性能が良すぎて釣り合う中継機がない、速度が1700MAXなのに代替の無線ルータ(親機)で最大800M程度がほとんど、中継機になると400M台まで落ち込んでしまう。
400Mじゃ今の環境と大差ないじゃないですかやだー、と思ってさらに探してみると中継機は実はイーサのLANケーブルが無いものがあったりあってもギガビットイーサじゃなかったりと
スペック厨には許せない構成である事がだんだんと判明。
(スイッチあるから関係ないじゃんという声は聞こえない)

最終手段として親機2台編成にする事を決意、いろいろ探した結果コストと性能から↓の製品に決定。

次回は実際にWDSでASUSの無線ルータを親、PLANEXの無線ルータを子機としての設定方法を解説