Github

WDSでの別会社製品の無線ルータ連携:機器選定編

すこぶる無線ルータの調子が悪くなってきた(Skullgirls対戦中にガクガク、たまに切れる)のでついに無線LANを変える決心をした。
調べてみたらこれまで使ってきたルータが実は家庭無いLAN環境のボトルネックに
なっていた事が判明(光回線なのにギガビットイーサじゃなかった^q^)

社会人になった事だし、SEだしここは本腰入れてセキュリティを考えた上でかつ安定性があり
高速な無線LAN環境を作ることを決意。

802.11ac製品もそこそこ出てきた事だし、ごつい無線ルータを探していたところ↓の製品を発見、(格好いいから)購入。

問題は中継機、現在はセットでついてきた中継器にギガビットスイッチをつけて 
WAN⇔無線ルータ⇔無線中継機⇔スイッチ⇔各種マシン
といった構成になっている。
昔はセット商品が結構あった(某B社のヒト曰く)らしいのだが、現在は分けて販売するようになったとのことなので別に探すことに、しかしいざ探してみると困った事になかなかいい製品がない。

そもそもの問題で↑のルータの性能が良すぎて釣り合う中継機がない、速度が1700MAXなのに代替の無線ルータ(親機)で最大800M程度がほとんど、中継機になると400M台まで落ち込んでしまう。
400Mじゃ今の環境と大差ないじゃないですかやだー、と思ってさらに探してみると中継機は実はイーサのLANケーブルが無いものがあったりあってもギガビットイーサじゃなかったりと
スペック厨には許せない構成である事がだんだんと判明。
(スイッチあるから関係ないじゃんという声は聞こえない)

最終手段として親機2台編成にする事を決意、いろいろ探した結果コストと性能から↓の製品に決定。

次回は実際にWDSでASUSの無線ルータを親、PLANEXの無線ルータを子機としての設定方法を解説


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です